大地と子どもを守る会
秋田県鹿角地区で放射能汚染から子ども達を守る会が立ち上がりました

「流域連絡会NEWS」小坂町にて配布!

 28日の日曜日、米代川の清流といのちを守る流域連絡会のメンバー

十数人で、「米代川の清流といのちを守る流域連絡会NEWS」を

町部を中心に配布しました。新聞の内容としては、9月22日に開催

された、「放射性焼却灰の受け入れ再開について考える集い」から

の記事が主になっています。

 曇り空の下、新聞と私達の思いをポストに投函。

途中、農作業中の年配の男性の方へ「焼却灰のことが書かれている新聞です」

と手渡すと、「反対派だが賛成派だが!」と厳しい表情・・・

「反対です」と答えると、「んだが」と手を伸ばしてくれました。

その方は受け入れは反対。

もしも、町が説明会を開いた時は必ず行って欲しいと伝えると・・・無言

この町の現状を物語っているようで、こちらも複雑な胸中になりました。

 この日、1000枚配布しました。

 
 話しは変わって・・・

小坂町のグリーンフィル小坂のそばに建つ、石碑をご存知ですか?

その石碑には、同和鉱業㈱ 社長の「誓い」のことばがこう刻んであります。

 
 美しき峰々が広がるここ小坂の地は、明治十七年当社の前進

藤田組が官営鉱山の払い下げを受けて以来、百二十二年間

地域と一緒になって鉱山製錬事業を営み、日本の産業を支えて

参りました。しかし、掛け替えのない四季折々の花鳥風月を、

黒き丘に変貌させてしまうものでもありました。

 時代は、地球温暖化、資源枯渇、土壌汚染など山積みされた問題の

解決と、自然との共生を望み、大きな変革の時をむかえております。

 私たちは、大切な次代の子ども達のために、地元の夢と期待に

応えるべく、県北部産業の中心的な役割を担い、リサイクル事業を

中心とする環境に優しい循環型社会の構築を目指します。

当社発祥の地 小坂を、春夏秋冬豊かな自然の息吹きと、

力強い地球の鼓動を聞く為に、覆土植栽を施し、再び開発する

ことなく「ふるさと秋田」にふさわしい、モデル地区にすることを

宣言いたします。

 たおやかな小坂の風景と歴史を一望しながら

                     平成十八年九月十八日



 大切な次代の子どもたちのために・・・

 地元の夢と期待・・・

 社長さん、「誓い」忘れてませんか!






片山佳代子さんの講話と糸紡ぎ体験のお知らせ

大地と子どもを守る会が主催する手仕事シリーズ第1回目!

~片山佳代子さんの講話と糸紡ぎ~

ガンジー思想を広く伝えてくださっている片山さんの貴重なお話が聞けます

そして丁寧に丁寧に綿から糸を紡ぐことを教わります


とき 11月6日 午後1時半~4時半

        1時半~2時半 片山さん講話
        2時半~4時半 糸紡ぎ体験

ところ 錦木地区市民センター(秋田県鹿角市)和室

参加費 1500円

お子様連れOKです。


※糸紡ぎの参加の枠が残りわずかです。定員になり次第、締め切らせていただきます。

 講話だけでも!糸紡ぎの見学だけでも!という方は要相談。

 連絡先 齋藤 090-7532-2517


片山さんのブログ 「ガンジー思想と私」


「集い」動画パネルディスカッション 



































放射性汚染灰の受け入れ再開を考える集い、沢山の参加ありがとうございました!

小坂町で開催された

「放射性汚染灰の受け入れ再開を考える集い」

無事に終了しました。


私たちの会からも、菅原さんがパネラーとして参加しました。


県内外から沢山の参加者が集まりました。

私たちの会とつながりのある仙台のママがご家族で来てくれたりと、嬉しかったです!いつもありがとう!!

ディスカッションでは

搬出元でもある千葉県の流山市からいらした女性の言葉が印象的でした。

「流山市は何の努力もしなで、小坂町に灰を押し付けようとしている」

さらに彼女は

「小坂町は灰ではなく、子ども達を受け入れてあげて!!」

と。


コーディネーターの谷口先生の言葉も印象に残りました。

「放射性物質には人と人との関係を切ってしまう。という特徴があるように思います。」


会場「うんうん」と頷いていました。



ここに書ききれませんが、とても内容の濃い集いになりました。


全部、書き起こして皆さんに読んで頂けるようにしたいな。と思っておりますので

今しばらく、お待ちください。



昨日、大地と子どもを守る会のミーティングでした。

ママ6人子ども5人、賑やかでした~

特に赤ちゃんがめんこーい!!ミーティングの度に癒されてます。

会員随時募集中。子連れ参加も大歓迎です。

非公開コメント欄からどうぞ~




来月、イベントを企画中。

そちらも決まり次第、お知らせいたします。

ちょっと楽しい企画になりそうです♫













学校給食のより徹底した安全性を求める請願の審議結果

 教育民生委は「子ども達を放射能汚染食品による内部被曝から守るため

学校給食のより徹底した安全性を求める請願」を審議、継続審査とした。

 市独自の食品放射能測定器導入による学校給食食材の検査実施などを求め

る内容。

 給食を所管する市教委にも七月二日付けで同団体から要望が寄せられ、市教委

が同二十七日付けで回答。「県内他市町村の検査でこれまで全品目で不検出であり

現在の検査体制で安全性が確認されているとの判断により、独自の検査器導入、

検査実施は考えていない」としている。

 教育民生委の審議では継続審査と採択の求めが二人ずつの同数となり、倉岡

委員長が継続審査を選択した。

 継続審査の求めは「もう少し調査したい」「市教委の回答が直近であり、採択

した場合でも判断は同様」との意見から。一方、採択支持側の声は「可能な限り

検査をしているという姿勢を示すべき」「長く検討するべきものでない」など。


                 9月14日付け 米代新報より

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。