大地と子どもを守る会
秋田県鹿角地区で放射能汚染から子ども達を守る会が立ち上がりました

秋田県鹿角広域行政組合 ゴミ焼却灰放射性物質 検査結果一覧

秋田県県北の鹿角市と小坂町では、それぞれのゴミを集め、鹿角市で焼却し、小坂町に埋め立てる、広域行政組合という形でゴミを処理しています。
この施設ではし尿処理も行っており、ゴミ焼却灰同様、放射性物質の検査をしてくれています。

ただ、不検出が続いている為、今まで年12回の測定が4回に減らされてしまうことになりました。

センター長は、もし、数値に変動があれば補正予算で回数を増やす可能性はありますが。。。とのこと。

そしてそしてこれを見てもわかるように、小坂町のゴミ焼却灰は低い値なのに首都圏からの高濃度焼却灰を引き受けているってこと。

自分達のゴミは検査の回数を3分の1に減らせれるほど、低い値が続いているのに、首都圏から受け入れているゴミ焼却灰はなんと未だに何千ベクレル出ています。しかも量も何万トンのレベル。

首都圏の家庭の放射能はゴミの焼却灰に集められ、搬出元の皆さんの身の周りからは少しずづ減っていくでしょうけれど、その分、放射能が濃縮された灰を受け入れている地域の放射能リスクはドンドン高くなります。

あまりに理不尽で泣けてきます。


鹿角し尿分析結果
鹿角ごみ放射能結果

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hahadesukara.blog.fc2.com/tb.php/86-dd6894ae
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。