大地と子どもを守る会
秋田県鹿角地区で放射能汚染から子ども達を守る会が立ち上がりました

鹿角市の給食レンコンからセシウム

2012.12.5 北鹿新聞

鹿角市の給食 レンコンからセシウム

県「問題ないレベル」

放射性物質調査
県は4日、鹿角市で給食に使う茨城県産レンコンの放射性物質検査をした結果、1キロ当たり12.2ベクレルのセシウム137が検出されたと発表した。一般食品の新基準値(100ベクレル)を大幅に下回っているものの、同市ではより安全・安心な食材を提供するため、同食材を使用しない献立に変更する。
 教育庁保険体育課によると測定の下限値を超えたのは今回が初めてだが、同課は「問題のないレベル」としている。
このほか、同市で使用する本県産ジャガイモ、同ハクサイ、北海道産鶏肉からは放射性物質は検出されなかった。

2012.12.5 北鹿新聞


私たちも今まで数々の食材を検査してきましたが、検出されやすい食材とされにくい食材があります。

レンコンは検出されやすい食材の1つです。選ぶ時は余程産地を考えなければなりません。

問い合せたところレンコンは調理前に測ったもので、記事にあるように使用せずに業者さんにお返しした
ということでした。
業者さんも「学校給食」ということで理解してくれて国の基準値内でも引き取ってくださったとか。

「放射性物質検出されているけど基準値内」という食材が給食に出されている自治体もある中、今回の秋田県の対応は
子ども達の安全を第一に考えてくれたものと思い、嬉しいです。

大人が被ばくすることと子どもたちが被ばくすることは全然違う。

みんなで子どもたちを被ばくから守る形を作って行きたいと願う親たちにとって、ありがたい対応でした。

やっぱり、検査ありき!

市長さん、ベクレルモニター鹿角市にも欲しいです!



スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hahadesukara.blog.fc2.com/tb.php/84-52a903d6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。