大地と子どもを守る会
秋田県鹿角地区で放射能汚染から子ども達を守る会が立ち上がりました

給食についての請願、12月議会で採択されました

給食測定の請願採択

市議会本会議 賛成多数も意見が二分

本会議は「子ども達を放射能汚染食品による「内部被曝から守るため学校給食のより徹底した安全性を求める請願」」(大地と子どもを守る会)を審議し、多数決の賛成多数(18人中10人)により採択した。市独自の食品放射能測定器による食材検査などを求める内容。議会が今後当局に対し議決書を送付する。

 教育民生委員会(倉岡誠委員長)が9月議会で「継続審査」と決した後、先月19日の委員会で「早い判断を」などとし、同議会では異例の定例会閉会中の採択を決めた。
倉岡委員長の報告後、
大里恭司議員(誠心会)が反対討論で「請願書にある「汚染のない地域の食材」としている地域はどの範囲を指すのか。もう少し審議が必要」と要求。
対して遠藤浩二議員(共産党)が賛成討論で「食材を危惧している市民の心配を払拭するために検査機会を増やすべき」とした。
請願を提出した同会は給食を所管する市教委にも同様の要望書を今夏に提出したが、市教委は「これまでの(県による)検査で全品目不検出であり、現在の検査体制で安全性が確認されているとの判断から独自検査は考えていない」と回答した。

2012.12.4 米代新聞より

請願を通してくださった議員の皆さん、ありがとうございました。

署名にご協力いただいた皆さん、ありがとうございました。

あとは、当局がどう判断するかにかかってます。


本来は私達も自分の目で確かめるべきでしたが、都合つかずメンバー誰も駆けつけることが出来ませんでした。

皆さん、絶対絶対見て欲しい!!議会事務局で、ありがたいことに動画を配信してくれています。


議会の動画
http://www.city.kazuno.akita.jp/kakuka_folder/gikai/gikai-movie/gikai_movie.jsp

02:58:20~大里議員反対討論、遠藤議員賛成討論多数決まで
03:04:52~大里議員「また聞き」実態質問、市教委答弁まで



私たち、他のお母さん達に何か言ったことありません!

子ども達もです!

また聞き程度で議会に出していいんでしょうか。

議会に話しを出す前に現場を調査するべきだったと思います。

そして、先日の市議会報告会で「応援する」と言った方々の寝返りっぷりに、市政に不審感すら覚えてしまいました。

採択はとてもありがたかったですが、悲しい事実も浮かび上がった今回の市議会でした。







スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hahadesukara.blog.fc2.com/tb.php/83-3f5d9288
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。