大地と子どもを守る会
秋田県鹿角地区で放射能汚染から子ども達を守る会が立ち上がりました

学校給食のより徹底した安全性を求める請願の審議結果

 教育民生委は「子ども達を放射能汚染食品による内部被曝から守るため

学校給食のより徹底した安全性を求める請願」を審議、継続審査とした。

 市独自の食品放射能測定器導入による学校給食食材の検査実施などを求め

る内容。

 給食を所管する市教委にも七月二日付けで同団体から要望が寄せられ、市教委

が同二十七日付けで回答。「県内他市町村の検査でこれまで全品目で不検出であり

現在の検査体制で安全性が確認されているとの判断により、独自の検査器導入、

検査実施は考えていない」としている。

 教育民生委の審議では継続審査と採択の求めが二人ずつの同数となり、倉岡

委員長が継続審査を選択した。

 継続審査の求めは「もう少し調査したい」「市教委の回答が直近であり、採択

した場合でも判断は同様」との意見から。一方、採択支持側の声は「可能な限り

検査をしているという姿勢を示すべき」「長く検討するべきものでない」など。


                 9月14日付け 米代新報より

 
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hahadesukara.blog.fc2.com/tb.php/70-b8401dcd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。