大地と子どもを守る会
秋田県鹿角地区で放射能汚染から子ども達を守る会が立ち上がりました

[放射性汚染灰の受け入れ再開を考える集い]のお知らせと賛同のお願い

~今、全国から注目されている小坂町から みんなが安心できる未来を考えてみませんか~

とき 9月22日 午後1時~

ところ 小坂町セパーム 多目的ホール

資料代 300円


詳細 つどいチラシ
https://docs.google.com/document/d/1r0cplg--HdXews4X3VVTpM8rfn1h0tMC9JnYd6R454E/edit

賛同団体どんどん増えてます!まだまだ受け付けてます!!

ご連絡ください。よろしくお願いいたします!

「米代川の清流といのちを守る流域連絡会」

[呼びかけ団体] 
 放射性物質の受け入れを反対する町民の会(小坂町)

 大地と子どもを守る会(鹿角市)
 
 セシウムを含む焼却灰の受け入れ再開に反対する母の会(大館市・鹿角市)

 放射能を拡散させない市民の会(大館市)

[賛同団体]

 こども未来ねっと能代(能代市)

 母乳育児サークル「ミルキーハグ」(能代市)
 
 かあちゃんのわらべうたあそび(能代市)
 
 白神山地アートミュージアム(八峰町)

 福島・秋田子っこの楽園(藤里町)

 大館石けんを広める会(大館市)

 ワンデイシェフの店(大館市)

 健生堂(大館市)

 ママの願いネットワーク秋田県南

 鷹巣安全な石けんを広める会(さぷる)有志(北秋田市)

 こども未来ねっと(秋田市)

 5年後10年後こどもたちが健やかに育つ会せんだい・みやぎ(仙台市)

 小さき花市民の放射能測定室仙台(仙台市)

 秋田県北生活協同組合環境委員会有志(秋田県北)

 たんぽぽ会(岩手県)

能代市常磐川漁業協同組合(能代市)

我孫子の子どもを守る会(千葉県)

新日本婦人の会 大館支部 (大館市)

[賛同者]

 谷口吉光(秋田県立大学教授)

 野添憲治(作家・能代市)

 村上東(秋田大学教授)

 鈴木千里(自営業・大館市)
 
 松本美根子(秋田市)

 児玉光雄

 児玉純子



連絡先

米代川の清流といのちを守る流域連絡会


◆FAX・小坂町担当:栗山

      TEL&FAX 0186-22-7055


◆大館市ほか担当:笹嶋 

        携 帯  080-6042-7274
スポンサーサイト

Comment

ご賛同のお願い
放射能から子どもを守る活動をしております松下勝則と申します。
ブログ ⇒ http://savechildyao.blog.fc2.com/

先ほど貴会のWEB署名を済ませました。

以下で賛同団体にも登録させてください。
・「震災復興プロジェクト」
・「放射能から子どもを守る・八尾の会」

私は、今年の8月から、東北大学教授の岡山博先生と縁があり、岡山先生の震災復興プロジェクトのメンバーになりました。
そのことから「震災復興プロジェクト」のHPを作成し、9月4日に完成させたところです。
震災復興プロジェクト ⇒ http://savechildproject.web.fc2.com/

このプロジェクトは、「放射性廃棄物を福島原発付近に集めて管理する案」と、「宮城・岩手の津波がれきを津波記念公園に整備する案」の2つの岡山先生の提案を、国や県に提出する要望書の形に構成し、署名を募ることで認知度と影響力を高め、そのことによってこの提案を国の政策にすることを目的としております。
お忙しいところ恐縮ですが、内容をご確認のうえ、ご賛同いただきたくお願い申し上げます。

私たちは、放射能汚染物を全国に拡散することに反対することは勿論のこと、被災地であっても焼却処理をしてはいけないと主張しています。
ですが、国は放射能安全論を振り撒き、被災地ではどんどん焼却されているのが現状です。

私たち被災地以外の住民が、この国の狂った放射能拡散政策を受け入れることは、被災地にもっと我慢を強いることになります。
だからこそ、私たち震災がれきの広域処理、そして焼却処理に反対しています。

そして、焼却しないことを主張するならば、その代替案が必要になりますが、それにはこの「震災復興プロジェクト」の岡山博案が最適だと認識しています。

貴会のご賛同ご協力を、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

お忙しいところ恐れ入りますが、ご検討のうえご返信をお待ちしております。


震災復興プロジェクト
松下勝則

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hahadesukara.blog.fc2.com/tb.php/68-335d0e20
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。