大地と子どもを守る会
秋田県鹿角地区で放射能汚染から子ども達を守る会が立ち上がりました

11月25日、鹿角市議会報告会

議会報告会

鹿角市では、市議会議員さん達が全員集まり、市民に報告してくれる「議会報告会」というのがあります。

ふだん、議員さん全員と会える、話せる機会はなかなかありません。個々の性格や、考え方を聞けるいい機会です。

市政についてのお勉強にもなりますし、議員さんたちに意見を聞いてもらえて、市政に反映してもらえるチャンスです。

私たちも参加しました。

前回の報告会ではついつい熱くなってしまい

「上から目線のお母さんたち」

「ヒステリックな人たち」

と思われたようだよ、とわざわざ教えてくださった議員さんがいました。。。しょんぼり。。。

そんなつもりではありませんでしたが、印象悪かったようです。。。


今回は、給食の請願を委員会で採択していただいたお礼と、小坂町が搬入再開してしまった首都圏からの焼却灰の件で

発言させていただきました。

給食の請願は次の議会の初日12月3日に話し合われると。

焼却灰については、議会に提出した要望は明日、皆さんの手元に。それから、話し合われるということでした。

よく分かりませんが、誤解?も溶けたようで、結果として、今回の報告会に参加してよかったです。

議員さんの中には「放射性物質については、移動させるべきではない!」と断言なさった方もいらっしゃいました。

鹿角市の次の議会は必ず、傍聴に行こうと思います。


今日の報告会では議員さんが15名に対して市民の参加はたったの9名。

同じく日中に行われた報告会には市民は15名。

少なすぎる!!

こんなに市政に関心のない市民では、議員さんもやる気が失せるってもんですよ。


議会の傍聴席も毎回パラパラ。


皆さん!12月3日からの議会にはぜひ、足を運んでください。


生で、今、何が話し合われているかその目で確かめてください。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。