大地と子どもを守る会
秋田県鹿角地区で放射能汚染から子ども達を守る会が立ち上がりました

小坂町で松井医師講演

2012年2月4日(土)午前10時~12時 セパーム 2階ホール

東京電力による福島原発事故により、放射性物質が海や空気中に飛散し、日本はもとより世界中の環境を今もなお汚染し続けています。今回ご講演いただく松井先生は外部被曝はもちろん内部被曝にとても詳しい日本では数少ないお医者さんの一人です。
私達はこれから、どんな事に気をつけたらよいか聞いてみましょう。

『 放射能から健康を守るために 』
講師:松井英介医師
<1938年生まれ。元岐阜大学放射線医学口座助教授。現岐阜環境医学研究所・座禅洞診療所所長。日本呼吸器学専門医、日本肺ガン学会および日本呼吸器内視鏡学会特別会員。東京都予防医学協会学術委員。>

近著:「見えない恐怖 放射線内部被曝」 2011年旬報社
ブックレット「放射線被曝から子どもを守るために」監修著 2011年旬報社
福島原発事故後ドイツ放射線防護協会が出した「日本におけるドイツ放射線防護委員会提言」翻訳監修し、発信

参加費:資料代として500円
主催:松井先生のお話を聞く会 実行委員会
問合:0186-22-7055 towadakosaka88@gmail.com
賛同:放射性物質の受け入れを反対する町民の会 放射能を拡散させない市民の会 セシウム灰を持ち込ませない住民の会 セシウムを含む焼却灰受け入れに反対する母の会 大地と子供を放射能汚染から守る会
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。